愛南町商工会

本当に新鮮な魚を
一人でも多くの人に食べてほしい


株式会社魚一家

代表取締役
鈴木 哲生さん

県内随一の美しさを誇る宇和海に囲まれた愛南町は、漁業が盛んな場所としても広く知られている町。「生まれも育ちもここ」という生粋の愛南っ子である鈴木哲生さん。伊予鈴水産という祖父の代から始まった水産業を父と兄とともに受け継ぎ、魚一家はその加工場として2016年に誕生した。

毎日2回深浦漁港に水揚げされる魚を仕入れに行く鈴木さんは、魚の良し悪しはひと目見ればわかるという。「瞳が澄んでいるか、色は鮮明か、体は擦れていないかなどを見て、納得のいくものだけを買いつけてます。いい魚に出会えたときはやっぱりわくわくしますねぇ」と目を輝かせる。

愛南町の名物でもあるかつおやイサギをはじめ、魚一家が仕入れるのはそのほとんどが天然もの。加工後は主に四国内や関西にある料理店へと運ばれていく。魚をいつどう調理するかによって何枚におろすか、真空パックか冷凍かといった保存方法を変えてくれるのも嬉しい点だ。中でも特に人気が高いというかつおのたたきは藁焼きで身の表面を炙ったあとに急速冷凍をすることで鮮度と旨味をぎゅっと凝縮した一品。冷凍後、約90日間もそのおいしさを保つことができるというから驚きだ。

「愛南町の海は水の質が本当にええんです。ここでしかとれない魚のおいしさ、本当の新鮮さを一人でも多くの人に知ってほしいですね」と話す鈴木さん。今後はスーパーや道の駅での販売、オンラインショップも検討しているというからぜひ注目をしたいところ。

[ 株式会社魚一家 ]
愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城28-3 / TEL:0895-73-7071
企業紹介一覧へ